瓦には歳月を重ねた経年の美しさ、

オールドテラコッタ瓦を葺きます

image

南フランス、イタリア、スペインでは百年以上の歳月によって

日焼けや気温の変化などによる素材の白化現象に埃の付着や雨水の跡も加わり

“色ムラ”となったテラコッタ(素焼き)瓦の屋根が美しい街並みをつくっています。

この景観を壊さないために、新築の建物には経年の風合いを醸し出した

オールドテラコッタ瓦が多く使われます。

今回の瓦は南欧で愛されているオールドテラコッタ瓦の製造技術を導入し

経年の“色ムラ”を日本の気候風土にリメイクした古さが新しい本物の瓦です。

image

いろんな色がありますが北浜の家はレッドです!

似せてつくった瓦は、テカリがあったり、色むらが不自然だったりしますが

オンリーワンハウスのオールドテラコッタ瓦はマットな風合いで

とても海外の家のように自然な感じです。

葺きあがりがとても楽しみです。