本日は棟上げでした。入社して初めての棟上げ。

2020.5.20 現場リポート


先勝の本日

棟上げです。

今はレッカーがあるから比較的簡単ですが

当社は丁寧な仕事をモットーと

してますから

 

ちょっと時間がかかってしまいました。

当社は断熱材にはセルロースファイバー

内装材にはクロスを使わずモイスを使います。

 

まあお客さんの都合でどのようにも対応できますけど

このモイスというのも良いです。

呼吸する壁で壁自体じも強度があるし

ネジを揉むことも出来ます。

 

色々なこだわりが入っていますが

今のところ棟上げ時点で一番PRできるのは

 

耐Qパネル工法のこの基礎ですね。

型枠の代わりに鋼板のパネルを使ってそこに

モルタルを流すのです。

固まったら本来その型枠は外すと思うでしょ?

 

しかし。その鋼板のパネルを外さず

そのまま残すのです。そのメリットはやはりその耐Qパネルというように

圧倒的に基礎部分の耐久性が増すのです。

 

良く基礎部分が汚れているお宅が多くあると思うのですが

色々な要因で汚れるんですよね。

 

しかしこのパネルはツルツルの表面をしているので

汚れにくく汚れが着いても落ちやすいです。

綺麗なままなんです。

 

お客様にはこの耐久性と綺麗なまま 家が後世に残るということで

家の価値が下がりません。

 

基礎はその名前の通り大事なものですから。

 

床板や壁板には県内において我々だけが採用できる

屋久島の地杉を販売できるが

 

構造材は地元愛媛の杉です。

 

綺麗ですよね。

構造材も床材も壁材も拘っています。

さてさてこれからは内装材とか

断熱材の仕事が入ります。随時アップしますね。

 

現場は昭和建設のゴミ箱を置いて綺麗にしています。

お客様の大事な資産。大事な家。

未来に渡って将来に渡って

資産価値が落ちないよう職人・社員一同頑張ってます。